バルシューレを取り入れたハンドボールの練習

2020年6月24日

ハンドボールの指導に携わっている多摩ハンドボールアカデミーでの活動報告です。
対人パスでは、バルシューレのコーディネーション 領域の2人組風船+パスを行いました。
同時性のプレッシャー、正確性のプレッシャー、時間のプレッシャーという3つのプレッシャーをかけてます。
さすが高学年、何度か挑戦するうちにすぐにできるようになりました。
ボール感覚の未熟な子どもにはプレッシャーの数を1つから徐々に増やしていくのが、バルシューレの考え方です。
シュート練習は、シュートそのものの練習ではなく、シュート前の動き作り、身のこなしをポイントに取り組みました。動画では確認することができないので残念です。
https://youtu.be/fYN-tPD2KB4

最近の活動写真

close